FC2ブログ

伊賀市はまーだ揉めてるわけですが

 9月8日に開催されたSRの会全国大会の席上、参加会員のかたからありがたく頂戴した乱歩文献のデータを昨日あっちのほうに記載しました。

 名張人外境ブログ:ミステリーはぼくの夢  読む・知る・発見 あいち人物館(2018年9月24日)

 そのとき気がついたんですけど、こっちのほうのブログ、「名張人外境2.0」よりは「名張人外境ブログ2.0」としたほうがいいのではないかということに考えが及んで、ブログ名を変更しました。

 二十面相が四十面相になったようなものですが、いまごろこんなことに気がつくなんて、これも老耄のあらわれかもしれません。

 さて、老耄のひどくなりまさらぬうちになんとかしておきたいのが名張市立図書館の乱歩関連資料なんですけど、先日、SRの会のみなさんにおいでいただいたときも、この図書館がやってることはでたらめである、みたいなことはすでにご理解いただいていたようで、長きにわたる私の情報発信がようやく実を結んだなと喜んでいる次第ですが、名張市立図書館関係者のみなさんが、図書館ってのはどんなとこなのか、資料収集ってのはどんなことなのか、さっぱり理解できていないから困ってしまいます。

 しかし、名張市名物「市長への手紙」を利用して、名張市立図書館が乱歩関連資料の収集にあたっていかにでたらめであるか、それをあらためて浮き彫りにすることができましたので、次のステップに進みたいなと思っております。

 で、資料収集には収蔵のためのスペースが必要であること、名張市立図書館の乱歩コーナーからは資料がオーバーフローしていること、そのあたりのこともお知らせしておりますが、とにかくどっかに資料収蔵のための場所を確保しなければなりません。

 で、今年いっぱいで空き家になる伊賀市の市庁舎がいいだろうとは考えているんですけど、まーだ揉めてんの。

 伊賀タウン情報YOU:伊賀市長が緊急会見 予算委で賛成少数 庁舎改修の補正予算案(2018年9月21日)

 狭い狭い土地で蝸牛角上の争い、見苦しい足の引っ張り合いをつづけるのは伊賀の伝統というやつですが、それにしてもいい加減にしていただかないとさっぱり見通しが立たんやないか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

中 相作

Naka Shosaku

Author:Naka Shosaku
メールはこちらへどうぞ。
E-MAIL
公開しました。
ポー、乱歩、温、啓助を語る
発売中です。
猫町(11月刊行予定)
ポー奇譚集(完売)
乱歩謎解きクロニクル
乱歩謎解きクロニクルKindle版
乱歩謎解きクロニクルKinoppy版
江戸川乱歩電子全集無料版
江戸川乱歩電子全集16
屋根裏の散歩者
子不語の夢

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR