FC2ブログ

三重)歴史影絵劇を英語版で 名張のはなびし庵

ウェブニュース

朝日新聞デジタル
 平成30・2018年9月2日 朝日新聞社

三重)歴史影絵劇を英語版で 名張のはなびし庵
 吉住琢二
 Home > 記事

三重)歴史影絵劇を英語版で 名張のはなびし庵

吉住琢二 2018年9月2日03時00分

20180907a.jpg

英語のナレーションを担当した田中恵理さん(中央)と角田さん夫妻=2018年8月29日午後4時21分、三重県名張市中町

 三重県名張市の歴史や民話を採り入れた影絵劇を自宅の「はなびし庵(あん)」(中町)で上演している角田勝さん(75)、久子さん(69)夫妻が、人気演目「名張忍法帖(ちょう)」の英語版を作った。英語のナレーションを担当したのは、私立桜丘高校2年の田中恵理さん(16)。外国人観光客に名張の歴史や魅力を伝えたいという。

 江戸時代から続く酒店を営む傍ら、由緒ある家屋を有効に使おうと影絵劇を始めたのは2004年。切り絵を習っていた久子さんがCDで流すナレーションや音楽に合わせて人形を操り、勝さんが前口上などを担当する「劇団ふたり」として、江戸川乱歩を題材にしたオリジナル劇や地元の昔話など20近い作品を観光客ら向けに上演してきた。

 「名張忍法帖」は地元の郷土史研究家・中相作さんの脚本で、14年から上演。名張で修業を積む忍者の活躍や忍者の心得を描いた短編だ。はなびし庵には時折、外国人が訪れることもあり、夫妻は海外でも人気の忍者の劇の英訳を決めた。昨年にも日本語と英語の語り入りの「バイリンガル七福神」を作っており、英語作品は2作目だ。

 脚本の英訳は、名張市と奈良県…

残り:407文字/全文:874文字

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中 相作

Naka Shosaku

Author:Naka Shosaku
メールはこちらへどうぞ。
E-MAIL
催事のお知らせです。
坂東壯一展
11月20日予約受付開始です。
ポー奇譚集
発売中です。
乱歩謎解きクロニクル
乱歩謎解きクロニクルKindle版
乱歩謎解きクロニクルKinoppy版
江戸川乱歩電子全集無料版
江戸川乱歩電子全集16
屋根裏の散歩者
子不語の夢

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR