FC2ブログ

(文化の扉)話芸の元祖、心躍る物語 歴史を絶妙に味つけ/女性の入門・新作、次々

ウェブニュース

朝日新聞デジタル
 平成31・2019年1月28日 朝日新聞社

(文化の扉)話芸の元祖、心躍る物語 歴史を絶妙に味つけ/女性の入門・新作、次々
 Home > 記事

(文化の扉)話芸の元祖、心躍る物語 歴史を絶妙に味つけ/女性の入門・新作、次々

2019年1月28日05時00分

20190131a.jpg

グラフィック・荻野史杜

 白い張り扇高く鳴らし、ホントにウソをほどよくまぜて、かつてはみんな知っていた、天下取りやら大悪党らの血湧き肉躍るストーリー、涼しい顔で読み上げて四百有余年、話芸の元祖「講談」の物語、しばらくお付き合いを願います。

 歌舞伎で大名家をゆする茶坊主河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)、テレビ時代劇でお…

残り:1896文字/全文:2046文字

20190131b.jpg

スポンサーサイト

白井晃の「怪人と探偵」全キャスト発表、水田航生・六角精児らが登場

ウェブニュース

ステージナタリー
 平成31・2019年1月28日 ナターシャ

白井晃の「怪人と探偵」全キャスト発表、水田航生・六角精児らが登場
 Home > ニュース > 記事

白井晃の「怪人と探偵」全キャスト発表、水田航生・六角精児らが登場

2019年1月28日 16:57

20190130a.jpg

新作ミュージカル「怪人と探偵」チラシ

新作ミュージカル「怪人と探偵」の全キャストが発表された。

今回新たに出演が明かされたのは、水田航生、フランク莉奈、今拓哉、樹里咲穂、有川マコト、山岸門人、中山義紘、石賀和輝、高橋由美子、六角精児ら。

江戸川乱歩の作品を原案とした「怪人と探偵」は、白井晃演出による新作ミュージカル。“世界で一番綺麗な宝石”を巡る、怪人二十面相と明智小五郎との対決を描いた本作では、脚本・歌詞・楽曲プロデュースを森雪之丞、テーマ音楽を東京スカパラダイスオーケストラ、作曲をWEAVERの杉本雄治がそれぞれ担当する。既報の通りほかキャストには、中川晃教、加藤和樹、大原櫻子が名を連ねた。

公演は9月14日から29日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホール、10月3日から6日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて。チケットの一般販売は6月に開始される予定だ。

新作ミュージカル「怪人と探偵」

2019年9月14日(土)~29日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

2019年10月3日 (木) ~6日 (日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

原案:江戸川乱歩
脚本・歌詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
テーマ音楽:東京スカパラダイスオーケストラ
作曲:杉本雄治(WEAVER)
演出:白井晃
出演:中川晃教、加藤和樹、大原櫻子 / 水田航生、フランク莉奈、今拓哉、樹里咲穂、有川マコト、山岸門人、中山義紘、石賀和輝 / 高橋由美子、六角精児 / 齋藤桐人、石井雅登、碓井菜央、菅谷真理恵、大久保徹哉、咲良、茶谷健太、加藤梨里香

奔流の中での出会い(十三) 江戸川乱歩さんの場合

雑誌

週刊文春 1月31日号
 平成31・2019年1月31日(1月24日発売) 第61巻第4号 文藝春秋
 B5判 170ページ 420円(本体389円)

奔流の中での出会い(十三) 江戸川乱歩さんの場合
 小林信彦
 連載〈本音を申せば〉第998回
 p50─51

 週刊文春WEB:Home

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇

書籍

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇
三島由紀夫
平成30・2018年11月16日第一刷 岩波書店 岩波文庫31-219-2
A6判 カバー 408ページ 本体910円

黒蜥蜴
p139─265
初出:婦人画報 昭和36年12月号(1961年12月)
底本:決定版三島由紀夫全集 第23巻(新潮社/平成14・2002年10月)
解説
 p283─408
 佐藤秀明

 岩波書店:若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇

怪人二十面相・小林少年 明智小五郎・黒蜥蜴

演劇

怪人二十面相・小林少年 明智小五郎・黒蜥蜴
平成31・2019年1月13日
日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)
賢プロダクション新春朗読シアター特別公演
原作:江戸川乱歩
脚色・台本・演出:土方優人
出演:谷山紀章(明智小五郎)、勝杏里(怪人二十面相)、代永翼(小林少年)、甲斐田裕子(黒蜥蜴)、北沢洋、加藤将之、河田吉正、荻野晴朗、濱健人、武田太一、中村源太、野村麻衣子

 20181222b.jpg

 20181222c.jpg



 OFFICEデュオ:江戸川乱歩 原作|怪人二十面相・小林少年|明智小五郎・黒蜥蜴

江戸川乱歩館|入館者10~50代が91% 満足度も95% 鳥羽商議所アンケート /三重

ウェブニュース

毎日新聞
 平成31・2019年1月23日 毎日新聞社

江戸川乱歩館|入館者10~50代が91% 満足度も95% 鳥羽商議所アンケート /三重
 Home > 地域 > 三重 > 記事

江戸川乱歩館

入館者10~50代が91% 満足度も95% 鳥羽商議所アンケート /三重

毎日新聞2019年1月23日 地方版

 鳥羽市の「鳥羽みなとまち文学館『江戸川乱歩館』」を管理運営する鳥羽商工会議所は、今月4~14日にかけ実施した入館者へのアンケート調査結果を発表した。探偵小説の先駆者、乱歩(1894~1965年)の活躍期が大正から昭和期だったため、入館者の年代を60代以上の高齢者と想定していたが、10~50代が大半の91%を占めていることが分かった。また、満足度が「かなり満足」「満足」を合わせて95%に達していたことも判明した。

 入館者88人がアンケートに回答。年代別で最も多いのが40代の25%、次いで50代の23%、20代の…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文673文字)

二山よここにいたのか

 おととしのことですけど、こんなエントリを公開しました。

 名張人外境ブログ:あれやこれや目白押し(2017年2月15日)

 こんなことが書いてあります。

 コミックといえば、谷口ジローさんのご逝去が報じられました。

 NHK NEWS WEB:「孤独のグルメ」漫画家の谷口ジローさん死去(2017年2月12日)

 谷口さんの「『坊っちゃん』の時代」に乱歩が出てきますよ、と人から教えられたのは、どなたから教えていただいたんだかきれいに忘れているほど昔のことですが、いずれそのうち、と先送りしてそのままになっておりましたので、この機会に、と思って昨日、全五部のうちの第一部だけ、キンドル版をダウンロードしました。


 しかしこのエントリには──

 名張人外境プログ:修善寺は雨のなか(2017年4月20日)

 こんなことが書いてあります。

 しかし、平井太郎少年は最後まで姿を見せず、肩透かしをくらった私はおおきに茫然といたしましたが、そのいっぽうで「煢然けいぜんとして独り老いるのは惨めというほかはない」という漱石の内的独白に切実な共感をおぼえました。


 最近になって、『「坊っちゃん」の時代』ではなくて古山寛さん原作、ほんまりうさん画の『宵待草事件簿』かもしれないと気がつき、ネット古書店で注文した一冊がきのう届きました。

 たしかにこれだ、と思ったのですが、届いたのをぱらぱら眺めてみたところもう一冊、同じ作者による『漱石事件簿』というのもあって、あ、もしかしたら間違いなくこれだ、と思い当たりましたのでさっそくまたネット古書店で注文。

 版元の公式サイトからはすでに姿を消しておりますので、キンドル版のリンクを掲げておきます。

 Amazon.co.jp:漱石事件簿 Kindle版
 Amazon.co.jp:宵待草事件簿 Kindle版

 どうですか。

 「江戸川乱歩が明智小五郎のモデルとした男、二山久が連続殺人事件の謎に迫る…!!」

 ってんですから、どうしていままで見逃していたのか。

 小生近年老耄甚だしく、とか思ってるんですけど、もしかしたらずっと以前から老耄だったのかもしれません。

ミステリーで読む戦後史

書籍

ミステリーで読む戦後史
 古橋信孝
 平成31・2019年1月15日初版第一刷 平凡社 平凡社新書901
 新書判 カバー 287頁 本体940円

2 戦前の探偵(推理)小説
 序章 ミステリーとは何か > 29─41

 平凡社:ミステリーで読む戦後史

ポー奇譚集完売記念

 藍峯舎『ポー奇譚集』の完売を記念して、これを公開いたしました。

20181211b.jpg

 昨年12月15日、ギャラリーオキュルスで開催されたサロン・ド・オキュルスの配布資料です。

 右のプロフィル欄の「公開しました」にある「ポー、乱歩、温、啓助を語る」をクリックしてお読みください。

特装版完売のおしらせです

 予約受付が始まりました、とお知らせしようと思ったら、特装版限定三十部すでに完売でした。

 株式会社藍峯舎:ポー奇譚集

 あっというまに予約満杯、ということになったみたいです。

 一冊十五万円もする本がななあ。

 ところで、「伊賀一筆」復刊兼再終刊号は、アマゾンでは販売しない、ということにいたします。

 創刊兼終刊号は印刷屋さんからアマゾンへ取り次いでもらったんですけど、その印刷屋さんがアマゾンから撤退してしまいました。

 だからといって、個人でアマゾンとやりとりするのは面倒ですし、ましてメールで直接注文を受け付けていちいち発送する、なんていうのはどうか勘弁していただきたい。

 そこらの地元資本の本屋さんの店頭にこそこそ並べてもらって、伊賀地域限定販売、とでもいうことにするかなあ。

 そうなるとせいぜい三十部、清水の舞台から飛び降りて五十部もつくっときゃいいということになりましょうか。
中 相作

Naka Shosaku

Author:Naka Shosaku
メールはこちらへどうぞ。
E-MAIL
公開しました。
ポー、乱歩、温、啓助を語る
発売中です。
ポー奇譚集(完売)
乱歩謎解きクロニクル
乱歩謎解きクロニクルKindle版
乱歩謎解きクロニクルKinoppy版
江戸川乱歩電子全集無料版
江戸川乱歩電子全集16
屋根裏の散歩者
子不語の夢

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR