FC2ブログ

贋作黒蜥蜴

演劇

贋作黒蜥蜴
 平成31・2019年1月5日(土)─7日(月)
 神保町花月(東京都千代田区神田神保町1-23)

 20181231b.jpg

原案:江戸川乱歩
脚本・演出:白坂英晃(はらぺこペンギン!)
出演:林大介(かたつむり)、ヒラノショウダイ、樽見ありがてぇ(ホープマンズ)、御茶ノ水男子、おだいらつかさ(えりんぎ)、スカイサーキット、あしなしゅうすけ(さざんかポニーズ)、大谷麻乃、山田裕磨(いまさらジャンプ)、ジョー(トーキョー少女)、夏瀬ゆの(Showtitle)/安達健太郎

 吉本興業:乱歩の名作にかたつむり・林&ヒラノ&安達が挑む! 神保町花月本公演『贋作 黒蜥蜴』インタビュー(2018年12月30日)
スポンサーサイト

和久峻三

人事

和久峻三
 平成30・2018年10月10日死去 心不全 88歳

 わく・しゅんぞう 本名=古屋峻三(ふるや・しゅんぞう)
 作家
 昭和5年7月10日-平成30年10月10日(1930-2018)

時事ドットコム > 記事

作家の和久峻三さん死去=ミステリーシリーズ「赤かぶ検事」

2018年12月29日18時05分

20181231a.jpg

「仮面法廷」で第18回江戸川乱歩賞を受賞した当時の和久峻三さん=1972年6月

 法廷ミステリーシリーズ「赤かぶ検事」など推理小説を数多く手掛けた作家の和久峻三さん(わく・しゅんぞう=本名古屋峻三=ふるや・しゅんぞう)が10月10日に死去した。88歳。大阪市出身。葬儀は本人の希望で行われなかった。

 京大法学部を卒業後、新聞記者を経て作家に。1972年「仮面法廷」で第18回江戸川乱歩賞、89年に「雨月荘殺人事件」で第42回日本推理作家協会賞を受賞。法廷ミステリーの第一人者として知られた。

 「赤かぶ検事」や「京都殺人案内」シリーズはテレビドラマ化され、長く続く人気作となった。

 司法試験に合格し、弁護士としても活動。夏目大介名義でファンタジー作品も執筆した。(2018/12/29-18:05)

江戸川乱歩の名作を白坂英晃が再構築! 舞台「贋作 黒蜥蜴」1月5日(土)から神保町花月で上演

ウェブニュース

エントレ
 平成30・2018年12月27日 ヴィレッヂ

江戸川乱歩の名作を白坂英晃が再構築! 舞台「贋作 黒蜥蜴」1月5日(土)から神保町花月で上演
 エントレ編集部
 Home > ニュース > 舞台・演劇 > 記事

2018.12.27

江戸川乱歩の名作を白坂英晃が再構築! 舞台「贋作 黒蜥蜴」1月5日(土)から神保町花月で上演

20181230a.jpg

舞台「贋作 黒蜥蜴」
 
江戸川乱歩の名作・黒蜥蜴を原作にした舞台「贋作 黒蜥蜴」が1月5日(土)から神保町花月で上演される。脚本・演出は白坂英晃(はらぺこペンギン!)が手掛ける。

神保町花月は《芸人x芝居》をメインに、芸人だからこその芝居、そしてお笑いを届け続けている劇場。お笑い芸人ならではの笑いが随所に織り込まれた芝居が見られると好評を博している。

神保町花月では2017年8月に、江戸川乱歩作品を原作とした「贋作 D坂の殺人事件」を上演。今回はこの「神保町花月×乱歩シリーズ第2弾」として「贋作 黒蜥蜴」を上演する。

江戸川乱歩の原作では大正時代の設定だったが、物語の時代を昭和へと移し、明智小五郎と小林少年が、黒蜥蜴に挑む。

前回に引き続き、明智小五郎役は林大介(かたつむり)、小林少年役はヒラノショウダイ、浪越刑事役は樽見ありがてぇ(ホープマンズ)が演じる。

さらに、御茶ノ水男子、おだいらつかさ(えりんぎ)、スカイサーキット、あしなしゅうすけ(さざんかポニーズ)、大谷麻乃、山田裕磨(いまさらジャンプ)、ジョー(トーキョー少女)、夏瀬ゆの(Showtitle)が出演するほか、安達健太郎が出演する。

脚本・演出は はらぺこペンギン!の白坂英晃。劇中で繰り広げられるダンスシーンは見どころの一つだ。

20181230b.jpg

神保町花月 舞台「贋作 黒蜥蜴」稽古場より

STORY
時は大正から昭和へ。帝都東京…その暗黒街の一角に、絶望した男と、究極の美を求める女がいた。
クリスマスパーティーから始まる、妖艶で悍ましい事件。
名探偵「明智小五郎」と助手「小林少年」は、黒蜥蜴に勝てるのか?

贋作乱歩、年の始めに、再び開幕。

20181230c.jpg

神保町花月 舞台「贋作 黒蜥蜴」稽古場より

本作は1月5日から東京・神保町花月で上演される。

詳細は公式サイトで。
 
(文:エントレ編集部)

白髪鬼 江戸川乱歩文庫

書籍

白髪鬼 江戸川乱歩文庫
 江戸川乱歩
 平成30・2018年12月10日初版第一刷 春陽堂書店 春陽文庫2992
 A6判 カバー 261ページ 本体900円

白髪鬼
初出:富士 昭和6年4月号(4巻4号/1931年4月1日)→昭和7年4月号(5巻4号/1932年4月1日) *10回連載(休載3回)
底本:江戸川乱歩全集第七巻(春陽堂/昭和30・1955年4月25日)
『白髪鬼』解説
 落合教幸

 春陽堂書店:白髪鬼【リニューアル版】

十字路 江戸川乱歩文庫

書籍

十字路 江戸川乱歩文庫
 江戸川乱歩
 平成30・2018年12月10日初版第一刷 春陽堂書店 春陽文庫2991
 A6判 カバー 263ページ 本体900円

十字路
初出・底本:十字路 書下し長篇探偵小説全集1(大日本雄弁会講談社/昭和30・1955年10月25日)
『十字路』解説
 落合教幸

 春陽堂書店:十字路【リニューアル版】

舞台「乱歩奇譚」完結編のキービジュ公開、アケチ役は北園涼が続投

ウェブニュース

ステージナタリー
 平成30・2018年12月24日 ナターシャ

舞台「乱歩奇譚」完結編のキービジュ公開、アケチ役は北園涼が続投
 Home > ニュース > 記事

舞台「乱歩奇譚」完結編のキービジュ公開、アケチ役は北園涼が続投

2018年12月24日 20:43

20181228a.jpg

舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~」キービジュアル

TVアニメ「乱歩奇譚 Game of Laplace」を原作とした舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~」の描き下ろしキービジュアルが公開。北園涼がアケチ役として出演することがわかった。

2015年にフジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送された「乱歩奇譚 Game of Laplace」。舞台は2017年4月、2018年4月に上演され、北園がアケチを演じるのは3度目になる。また脚本・演出を担当するのは、過去2作を手がけた鈴木智晴。脚本監修にはアニメ版でシリーズ構成・脚本を担当した上江洲誠が名を連ねた。公演の詳細は続報を待とう。

舞台「乱歩奇譚 Game of Laplace ~怪人二十面相~」

日程:2019年8月5日(月)~12日(月・振休)
会場:東京都 品川プリンスホテル クラブeX

スタッフ
原案:乱歩奇譚倶楽部
脚本・演出:鈴木智晴
脚本監修:上江洲誠

キャスト
アケチ:北園涼
ほか

これでいいのか三重県 地域批評シリーズ27

書籍

これでいいのか三重県 地域批評シリーズ27
 編:昼間たかし
 平成30・2018年7月30日第一版第一刷 マイクロマガジン社
 A6判 カバー 319ページ 本体920円

出身有名人は奇才だらけ だから三重県人は普通と違う
 第2章 標準形が存在しない三重県人の正体とは? > p74-78

 マイクロマガジン社:地域批評シリーズ27 これでいいのか三重県

乱歩は元フリーター !? 孫・平井さん高知県立文学館で講演

ウェブニュース

高知新聞
 平成30・2018年12月22日 高知新聞社

乱歩は元フリーター !? 孫・平井さん高知県立文学館で講演
 Home > 高知のニュース > 文化・芸能 > 記事

2018.12.22 08:36

乱歩は元フリーター!? 孫・平井さん高知県立文学館で講演

20191227a.jpg

「戦中は本を出してもらえず収入がないので、知り合いがいた職場に履歴書を送ったこともある」と乱歩の職歴を紹介する平井憲太郎さん(高知市の県立文学館)

転職度々 広告に才能
1月14日まで企画展

 作家、江戸川乱歩(本名・平井太郎、1894~1965年)の企画展が開かれている高知市丸ノ内1丁目の県立文学館でこのほど、孫の平井憲太郎さん(68)=東京都=が「フリーターから大乱歩へ」と題して講演。県内外の乱歩ファン約60人を前に、15年間共に暮らした思い出などをにこやかに語った。

 生涯40回以上転居を繰り返したという乱歩が、最後の約30年間を暮らしたのは、2階建ての土蔵がある東京・池袋の家。現在は隣接する立教大学に譲渡され、公開されている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

年の瀬を迎えてなお揉める

 恃みの伊賀市は、いやもうまったく恃みにはしてませんが、いまやこんな状態です。

 伊賀タウン情報YOU:市長不信任案を否決 問責決議は可決 発言と手法を問題視 伊賀市議会(2018年12月25日)

 伊賀市長は「現市役所を複合施設に改修する計画は引き続き進めていく考えを示した」とありますけど、はたまた、狭い狭い土地で見苦しく足を引っ張り合い飽きることなく出る杭を打ちつづけるのが伊賀の土地柄であるとはいえ、これはいったいどうなるのかなあ。

 とにかく、「伊賀一筆」用漫才の題材にすらならないことだけはたしかです。

江戸川乱歩の明智小五郎を現代舞台に新解釈で描く「AKECHI」1巻

ウェブニュース

コミックナタリー
 平成30・2018年12月19日 ナターシャ

江戸川乱歩の明智小五郎を現代舞台に新解釈で描く「AKECHI」1巻
 Home > ニュース > 記事

江戸川乱歩の明智小五郎を現代舞台に新解釈で描く「AKECHI」1巻

2018年12月19日 15:38 117

20181226a.jpg

「AKECHI」1巻

「GANTZ:G」のイイヅカケイタによる新作「AKECHI」の1巻が、本日12月19日に発売された。

江戸川乱歩の「明智小五郎」シリーズを原作とし、“現代版・明智小五郎事件簿”と銘打たれている本作。類まれなる推理力を持ち東京・神保町で古書店を営む明智小五郎と、その幼なじみで正義感の強い刑事の波越英一郎がさまざまな事件を解決していく。本作は週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載中。1巻には家に隠れていた男に突然刺されたという人妻や、謎の犯罪組織・黒手組が関わったと思しき誘拐事件にまつわるエピソードが収録されている。

中 相作

Naka Shosaku

Author:Naka Shosaku
メールはこちらへどうぞ。
E-MAIL
公開しました。
ポー、乱歩、温、啓助を語る
発売中です。
ポー奇譚集(完売)
乱歩謎解きクロニクル
乱歩謎解きクロニクルKindle版
乱歩謎解きクロニクルKinoppy版
江戸川乱歩電子全集無料版
江戸川乱歩電子全集16
屋根裏の散歩者
子不語の夢

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR