FC2ブログ

大嵐がピークを迎えました

 いろいろあったかそうでもなかったか、暑さのせいではっきり思い出せない7月もきょうでおしまいですが、大嵐はきょうがピークです。

 本日の「市長への手紙」、こげなこつになっとります。

 件名は「お稽古をいたしましょう」。

 例によって、乱歩以外の個人名は伏せ字といたします。

 お世話さまです。

 7月16日付「市長への手紙」への7月24日付ご回答、どうもありがとうございます。

 しかし、こうしたお答えをいただいても困ってしまいます。

 私は主観だけを根拠にした貴職のお考えをお聞きしたわけではありません。

 所期の目的が達成できたのかどうか、もしも達成できたのであればどんな成果があったのか、といったことをお聞きいたしました。

 むろん、所期の目的などまったく達成されていない、というのが衆目の一致するところでしょうし、そもそも「江戸川乱歩を顕彰する」「名張市民の江戸川乱歩についての知識、興味、関心を高める」という目的は、名張市立図書館による乱歩関連資料の収集にふさわしいものではありません。

 顕彰とは「隠れた善行や功績などを広く知らせること。広く世間に知らせて表彰すること」(デジタル大辞泉)ですから、乱歩のように超メジャーな作家を顕彰することなどできる道理がありません。

 また、市民が乱歩を知ろうと知るまいと、乱歩作品を読もうと読むまいと、そんなことは市民の勝手というものであって、行政が容喙すべき問題ではまったくありません。

 市民に乱歩の知識、興味、関心を高めてもらいたい、などとおっしゃっている名張市職員のみなさんは、それならあなたがたはいったいどれくらい乱歩のことを知り、乱歩作品を読んでいるのですか? と市民から尋ねられたら、どうお答えになるのでしょうか。

 ともあれ、こんなお答えを頂戴しても意味がありませんし、それより何より名張市の恥を世間にひろめてしまう結果を招きますから、じつになんとも困ったことです。

 よろしい。

 ここはひとつ、「市長への手紙」担当職員のみなさんに、市民の質問にまともに答えられるようになるためのお稽古をしていただきましょう。

 今回は、7月16日付「市長への手紙」に記した質問に連動させて、ある事業の成果を示す、というテーマのお稽古になります。

 とはいえ、乱歩関連資料収集事業の成果を示せ、といった要求に応えるのはなかなかに難しいことであって、たとえば、収集資料にもとづいて乱歩のご遺族や全国の乱歩ファンの協力を得ながら発行した『江戸川乱歩著書目録』がゲスナー賞に入選しました、といったような具体的な成果にはそうそうめぐりあえるものではありません。

https://myrp.maruzen.co.jp/gesner/4th.html

 ですからここでは、入場者数や利用率といった具体的な数字に依拠することで比較的容易に成果が把握できる事例にもとづいて、ちょっとお稽古してみることにいたしましょうか。

 では、問題です。

 名張市のまちなか再生事業で整備され、平成20年6月にオープンした旧細川邸やなせ宿には、旧細川邸から引き継いだ母屋一棟と蔵二棟がありますが、開設以来十年が経過した現在の時点で、旧細川邸やなせ宿の整備がどんな成果をもたらしたのか、母屋と蔵の入場者数や利用率などのデータにもとづいてお知らせください。

 なお、旧細川邸整備に際して新たに増設された厨房などの施設のデータは無視していただいて結構です。

 いまさら事業の評価をお聞きしたところで何がどうなるわけでもありませんが、「市長への手紙」担当職員のみなさんのスキルアップを願う親心から、あえてお尋ねする次第です。

 名張市職員のみなさん、がんばりましょう。

 それから、名張市立図書館の開設時、乱歩関連資料の収集はどういった目的のもとに始められていたのか、まことに恐れ入りますが、

 「こんにちはッ。お経は読んでも乱歩は読まぬッ。腹が張っても屁はこかぬッ。資料収集のしの字も知らぬッ。図書館法のとも知らぬッ。さ。檀家まわり行かさしてもらわさしてきやさしていただかさしてもらわしてこ。はんにゃはらみたほんまによ。かんじざいぼさつほんでからよ。ぎゃーてーぎゃーてーほんまによ。ごこうのすりきれほんでからよ。大きなお寺ができましたあッ。当寺院では家族葬の場合もお布施は同額とさせていただいておりますなまんだぶなまんだぶなまんだぶなまんだぶ」

 でおなじみの○○○○さんにご確認いただければ幸甚です。

 よろしくお願い申しあげます。


 いやー、でたらめばっか答えてるととんだ藪蛇になることもありまっせ、ということです。

 名張市職員のみなさん、きょうも猛暑になりそうですけど、がんばりましょうね。
スポンサーサイト

オオサンショウウオ|エサやりで東西交流 東京と地元の児童ら体験 名張 /三重

ウェブニュース

毎日新聞
 平成30・2018年7月28日 毎日新聞社

オオサンショウウオ|エサやりで東西交流 東京と地元の児童ら体験 名張 /三重
 衛藤達生
 Home > 地域 > 三重 > 記事

オオサンショウウオ

エサやりで東西交流 東京と地元の児童ら体験 名張 /三重

毎日新聞 2018年7月28日 地方版

20180731a.jpg

プールの中のオオサンショウウオに竹の先に挟んだアジを差し出す参加者ら=三重県名張市安部田の市郷土資料館で、衛藤達生撮影

 東京都豊島区と名張市の小学生計28人が27日、市郷土資料館(安部田)でオオサンショウウオにエサをやる体験をした。子どもたちは、竹の先にアジを挟んでプールの中のオオサンショウウオに差し出し、「食べて」と声を掛けた。

 この体験は名張市と豊島区の文化交流都市協定締結15周年を記念して、25日から始まった「なばりキャンプ2018」の一環。名張市は江戸川乱歩の生誕地で、豊島区は終焉(しゅうえん)地。こうした縁から2004年に文化交流都市協定を締結。5年ごとに記念事業を行ってきた。

 今回のキャンプは台風接近に伴い予定より1日短くした2泊3日の日程で、豊島区の15人と錦生赤目小学校生13人が一緒に、赤目四十八滝で散策や忍者体験などをした。

 オオサンショウウオのエサやりをした豊島区立駒込小6年の岩坪龍平さん(11)は「プールの中にはたくさんオオサンショウウオがいて迫力があった。赤目滝もきれいだったし、将来住んでみたい」と話していた。【衛藤達生】

〔伊賀版〕

台風のあとは大嵐です

 当地は台風一過の晴天とはまいらず、わずかに雨が降り、どうにも不安定そうなお天気です。

 台風の被害はいかがでしょう。

 お見舞いを申しあげます。

 さて、本日の「市長への手紙」はこんなんです。

 件名は「つかぬことをお聞きします」。

 お世話さまです。

 7月10日付「市長への手紙」への7月23日付ご回答、どうもありがとうございました。

 つきましては、ひとつお教えいただきたいのですが、「市長への手紙」の回答ではいくらうそをついてもかまわない、というルールのようなものが設定されているのでしょうか。

 つかぬことをお聞きいたしましたが、なにとぞお答えをたまわりますようお願いいたします。

 それから、「過去に収集いたしました資料等につきましては、リスト化し管理しております」との仰せですが、そのリストのうちの戦前刊行分だけで結構ですから、プリントしてお示しいただくことが可能かどうか、お手数ですがお知らせください。

 よろしくお願い申しあげます。


 あしたも大嵐あります。

乱歩の嘘

演劇

乱歩の嘘
平成30・2018年7月13日─15日
神戸アートビレッジセンター(兵庫県神戸市兵庫区新開地5-3-14)
G-フォレスタ公演
作:丸尾拓、もりかゆみ
脚本・演出:丸尾拓
出演:生田克正、山崎修一、田中幸彦、もりかゆみ、杉本ヒロ子、森優子、中佐和葉、倉増哲州(南森町グラスホッパーズ)、谷屋俊輔(ステージタイガー)、沼田俊也(キャラ)

 20180730a.jpg

 20180730b.jpg

 劇団 G-フォレスタ Web Site:Home

台風通過しました

 台風はいかがですか。

 当地は本日午前2時ごろが風雨のピークで、夜が明けてみると庭の向日葵がすべてなぎ倒されておりましたが、拙宅まわりではとくに被害と呼ぶべきほどのものはありませんでした。

 花火はこうなりました。


 名張市に出ていた土砂災害警戒情報は午前4時50分に解除されたようですが、これから台風を迎える地域のみなさん、あるいは、台風は過ぎたけれど土砂災害などのおそれがある地域のみなさん、どうかくれぐれもご注意ください。

 さて、台風が過ぎ去ったあと、当地では「市長への手紙」の大嵐が吹き荒れる予定となっております。

声優・木村良平、天野喜孝氏の「怪人二十面相」原画に感動「FF世代でうれしかった」

ウェブニュース

ORICON NEWS
 平成30・2018年7月25日 オリコン

声優・木村良平、天野喜孝氏の「怪人二十面相」原画に感動「FF世代でうれしかった」
 Home > 芸能 > 記事

2018-07-25 14:51

声優・木村良平、天野喜孝氏の「怪人二十面相」原画に感動「FF世代でうれしかった」

20180729a.jpg

『超・少年探偵団 NEO』に主人公・7代目小林少年役で出演する声優・木村良平 (C)ORICON NewS inc.

20180729b.jpg

アニメ『黒子のバスケ』の黄瀬涼太などで知られる木村良平 (C)ORICON NewS inc.

20180729c.jpg

第6回声優アワードにて助演男優賞を受賞するなど実力派の木村良平 (C)ORICON NewS inc.

 アニメ『黒子のバスケ』の黄瀬涼太、『銀の匙 Silver Spoon』の八軒勇吾、『テイルズ オブ ゼスティリア』のスレイ役で知られる声優・木村良平。第6回声優アワードにて助演男優賞を受賞するなど実力派として活躍する彼が、9月29日からアニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」で放送、今秋からdTVチャンネルの「ブーメラン」で配信される『超・少年探偵団 NEO』に主人公・7代目小林少年役で出演。2017年1月から3月までTOKYO MXで放送されていた同作が、全13話連続放送されるということで、改めて当時のことを振り返ってもらった。

 同アニメは、2117年の東京が舞台で、都会人は都市開発と精神衛生のクリーン化が推し進められており、結果、何に対しても冷静さを欠かない、反応が薄い性格を確立していた。そこに、あえて昭和の大衆エンタメ魂をもって挑もうとする7代目怪人二十面相が現れ、小林少年と明智小五郎が力を合わせて彼を止める物語。江戸川乱歩原作『少年探偵団』シリーズを現代風にリメイクしたショートアニメとなっている。

 タイトルは『少年探偵団』とありシリアス物かと思いきやギャグ満載の内容で、木村は「“超”であり“NEO”ですからね。『重ねすぎだろ!』みたいなことはありますね」とツッコミを入れつつ「江戸川乱歩氏の『少年探偵団』という名作って強いなと。関係性を持ってきて、全然違う作品にしても面白いというのはすごいことだと感じました」と絶賛した。

 同作では細谷佳正、江口拓也、上坂すみれ、花澤香菜、久野美咲、三木眞一郎など豪華声優陣が出演。4分のショートアニメでコメディーということもあり、共演者との掛け合い、テンポとノリの良さを大事にしたという木村は「共演者の方々は面白いことをやるのが好きな人たちで、バランスも良かったと思います。特に三木眞一郎さんのナレーションがめちゃくちゃ面白い。一緒に収録する機会はなかったのですが、僕らがやっていた掛け合いに三木眞一郎さんの声が入ると倍、面白くなった(笑)。キャストや監督のやりたいことがマッチしたと思います。細谷さんもギャグが大好きなので、怪人役とかもやりたいんじゃないかな~」と振り返った。

 木村と江口は「少年探偵団」シリーズを出版するポプラ社へ企画で訪れており、その様子が動画公開されている。「普段入れない書庫や『少年探偵団』の初版本とかも触りました。ポプラ社さんには自分が『王様の部屋』と勝手に呼んでいる場所があって、社長部屋ではなく会食ができるVIPルームみたいな。楽しかったです!」と興奮。

 また、同アニメのキャラクターデザインは、「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインで知られる天野喜孝氏が担当しており、動画では天野氏が描いた二十面相のデザイン原画を見て喜ぶ江口の姿も見られ、「僕らの世代ですからね。FFとかやっていましたし。僕は最初にやったのがFF4なので、がっつり天野さんの絵で育った。展覧会にも訪れましたし、天野さんの絵を見られてうれしかったです」と貴重な体験だったと明かした。

 木村が演じる小林少年はリーダー的な存在だが、木村自身の少年時代はどうだったのか。「どちらかと言うと、グループの中心でしたね。仕事などで責任を負う立場だと大変ですが、友達関係だと上下関係も無いですし、決められる側にいると楽かなと。今、ユニット活動でリーダーを努めていて、色々と意見も言えて楽ですね。役割分担としても好きです」とにっこり。「友達から『こういうのやらない?』と提案を受けて『いいね。それじゃ、みんなどう?』と周りに聞いたりしたり、意見をもらえるのもうれしいと感じます。ただ、『行くぞ! お前ら!!』みたいにはならないです(笑)。友達同士でも、『この日、みんなで集まりたいのですが木村さんの家はどうですか?』と提案されて、セッティングしています」と人望の厚さは小さいころから健在だったようだ。

迷走台風を待ちながら

 まだ降ってはいませんけど、迷走台風のおかげで本日開催予定の名張川納涼花火大会、かなり微妙な状況です。

 開催か順延か、関係各位はやきもきしながら決定への下り坂をずるずると滑り落ちていらっしゃるところなのではないか。

 花火大会に影響が出る程度ならまだしも、この台風の迷走コースはかつてなく奇怪でまがまがしいもので、予想もつかぬ災害がもたらされるのではないかと危惧されます。

 かつてない事態に備える気構えで台風を待ちたいと思います。

 どちらさまもくれぐれもご用心を。

 殺人的な猛暑がやや収まったと思ったら、今度は気が触れたようなコースをたどる台風と、わが国の異常気象はいよいよ半端ありませんけど、死ぬほどの暑さにぼーっとしていたせいで見落としていたのか、「市長への手紙」への返信を二通、スパムメールの山のなかから見つけました。

 中 相作 様

 市長への手紙をお寄せいただきありがとうございました。
 平成30年7月10日付でお尋ねのありましたことについて、以下のとおり回答させていただきます。

 お尋ねいただきました現在の資料収集につきましては、乱歩関係も含め広く書籍等の購入を行っております。また、過去に収集いたしました資料等につきましては、リスト化し管理しております。
 9月8日の件は、既に回答のとおり、図書館職員で対応させていただきますが、元館長につきましては、退職されておりますので、手配いたしかねます。

 平成30年7月23日
 名張市長 亀井利克


 おっかしいなあ。

 話が違ってきてるぞ。

 まあお役人がその場しのぎばっかかましてるだけの話ですから、回答のつじつまが合わなくなってくるのは当然なんですけど。

  しかも、

 「こんにちはッ。お経は読んでも乱歩は読まぬッ。腹が張っても屁はこかぬッ。資料収集のしの字も知らぬッ。図書館法のとも知らぬッ。さ。檀家まわり行かさしてもらわさしてきやさしていただかさしてもらわしてこ。はんにゃはらみたほんまによ。かんじざいぼさつほんでからよ。ぎゃーてーぎゃーてーほんまによ。ごこうのすりきれほんでからよ。大きなお寺ができましたあッ。当寺院では家族葬の場合もお布施は同額とさせていただいておりますなまんだぶなまんだぶなまんだぶなまんだぶ」

 でおなじみの元館長さんのご来臨はご手配いただけないそうです。

 いくら「退職されております」ったって元館長でいらっしゃることに変わりはありませんし、名張市立図書館開館準備の段階からご退職までほぼただひとりで乱歩関連資料の収集を手がけられたかたでもありますから、わざわざ乱歩生誕地の名張市で全国大会をお開きになり、市立図書館の乱歩関連資料を見に来てくださるミステリファンのみなさんには、元館長さんの「資料収集打明け話(仮題)」をとても興味深くお聞きいただけるものと推測されますので、名張市のお役人にいわゆるおもてなしの心が毛筋ほどもあるのであれば、「手配いたしかねます」とかそんなせりふは出てこないのではないかと思われますけど、まあいいや。

 なお、7月10日付「市長への手紙」は下記のエントリでお読みいただけます。

 2018年7月11日:頑張れ頑張れ名張市

 もう一通あります。
 

 中 相作 様

 市長への手紙をお寄せいただきありがとうございました。
 平成30年7月16日付でお尋ねのありましたことについて、以下のとおり回答させていただきます。

 お尋ねいただきました江戸川乱歩を顕彰すること並びに市民の知識及び興味、関心を高めることにつきましては、館内に、収集した資料を展示し、閲覧いただくことにより、市内外からの来館者に向けて、乱歩の顕彰並びに知識や興味・関心の高揚を図れているものと考えています。
 なお、9月8日にミステリー小説愛好者の皆様が図書館にお立ち寄りになった際には、私がご挨拶させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 平成30年7月24日
 名張市長 亀井利克


 考えています、とかそんな答えでその場しのぎがかませると、名張市のお役人衆はほんとに思ってらっしゃるのかしら。

 考えています、とかそういうお答えをいただくのであれば、かくかくしかじかこういった根拠にもとづいてこういうふうに考えていますと、せめてその程度の回答をしてくんなきゃなあ。

 というか、これは名張市長名義の文書なんですから、あら、名張市の市長さんってずいぶんなのね、とか世間の人から思われたってもう知らねーぞ。

 なお、7月16日付「市長への手紙」は下記のエントリでお読みいただけます。

 2018年7月16日:ご勘気をこうむる公算について

 まったく、たまにゃご勘気も示していただかないと、名張市の評判は悪くなるばかりです。

 とかいってるあいだに、どうやらぽつぽつ降り始めたようです。

 来い。

 台風来い。

妖怪博士

演劇

妖怪博士
平成30・2018年6月9日─17日
文学座アトリエ(東京都新宿区信濃町10)
キッズシアター~ボクとキミの秘密基地vol.2~
作:江戸川乱歩
脚色:斉藤祐一
演出:所奏
出演:山本道子、亀田佳明、斉藤祐一、西岡野人、頼経明子、上川路啓志、松岡依都美、柳橋朋典、山森大輔、鈴木亜希子、大野香織

 ぶんがくざこどもフェスティバル/小学生向けキッズフェスティバル:Top

乱歩忌の前日に

 関係者も誰ひとりとして気がついていなかったことであろうと思われますが、7月25日は名張市立図書館の開館記念日でした。

 昭和44年、西暦でいえば1969年のこの日、空き家になっていた旧名張電報電話局の局舎を利用して、名張市立図書館はオープンしました。

 開設準備を始めた当座は乱歩のことなんか何も考えてなかったんですけど、川崎秀二代議士が乱歩全集の月報に余計なこと書いてくれたおかげで乱歩関連資料の収集に手を出さざるを得なくなりました。

 むろん当時、関係者の誰ひとりとして図書館における資料収集がいかなるものかを知らず、もとより乱歩のことも知らず、さあこうなったらいっちょ腰を入れて乱歩作品を読んでみるかとも思わず、とにかく東京の神田へ飛んで乱歩に関係のある古書を買い込んで、というところから始まって、畢竟するにただそれだけのことだったわけです。

 そのあたりのことは9月8日の名張まちなか廃墟ツアーで名張市立図書館に立ち寄ったおり、

 「こんにちはッ。お経は読んでも乱歩は読まぬッ。腹が張っても屁はこかぬッ。資料収集のしの字も知らぬッ。図書館法のとも知らぬッ。さ。檀家まわり行かさしてもらわさしてきやさしていただかさしてもらわしてこ。はんにゃはらみたほんまによ。かんじざいぼさつほんでからよ。ぎゃーてーぎゃーてーほんまによ。ごこうのすりきれほんでからよ。大きなお寺ができましたあッ。当寺院では家族葬の場合もお布施は同額とさせていただいておりますなまんだぶなまんだぶなまんだぶなまんだぶ」

 でおなじみの元館長さんから、短い時間ではありますがおはなしをお聞きする予定になっております。

 また当日、名張市の副市長からは、名張市の財政状況が半端なく厳しいこと、そのせいで乱歩関連資料の収集がつづけられなくなり、というか、ほんとは図書館関係者のお役人がおそろしく無能で怠慢なせいなんですけど、そんなことはとにかく、いまや乱歩関連資料の収集を実施していないこと、これから先も名張市は衰退するいっぽうで、乱歩関連事業には一円のお金もつかう予定がないこと、みたいな事情を明らかにしていただけるものと思われます。

 いやはや、名張市立図書館の開館から来年7月でちょうど五十年。

 図書館としてごく普通に乱歩関連資料の収集と活用をつづけていれば、いまごろ名張市立図書館は乱歩関連資料の宝庫として全国に名を知られ、名張市も乱歩の聖地のひとつになっていたかもしれないな、とは思われるんですけど、名張の土地柄じゃとても無理でしたし、名張のまちもいいだけ寂れちゃってまあ、というのがほぼ半世紀をかけてわが名張市がたどり着いた結論です。

 国破れて山河あり。

 まち寂れて乱歩なし。

 衣食足りて礼節を知る。

 知能足らざれば乱歩を知らず。

 さて、あす28日土曜日は乱歩の命日となっております。

 名張市では恒例の花火大会が催されます。

 名張市:2018名張川納涼花火大会

 台風がやって来てざんざん降りになっちゃえばいいのよ。

【文豪の湯宿】江戸川乱歩が好きだった部屋も レトロ漂う宿

ウェブニュース

AERA dot.
 平成30・2018年7月23日 朝日新聞出版

【文豪の湯宿】江戸川乱歩が好きだった部屋も レトロ漂う宿
 鈴木裕也
 Home > 教育 > 記事

【文豪の湯宿】江戸川乱歩が好きだった部屋も レトロ漂う宿

鈴木裕也 2018.7.23 16:00 週刊朝日

20180726a.jpg

江戸川乱歩のイメージにもマッチする大正レトロな雰囲気が漂う縁側。乱歩が残した書や絵は、残念ながら仲田屋時代に紛失した

20180726b.jpg

乱歩宿泊当時の雰囲気を残した「桜(205号室)」

 文豪たちの作品に登場する温泉宿を訪ねる連載「文豪の湯宿」。今回は「江戸川乱歩」の「湯の宿 花小道」(静岡県・伊豆修善寺温泉)だ。

【乱歩宿泊当時の雰囲気を残した客室の写真はこちら】

*  *  *
〈大正十四年に専業作家になってから現在まで満三十一年余だが、そのうち十七年休筆していたのだから、正味十四年余りしか働いていない勘定になる。書いているより休んでいる方が多かったのである〉(「私の履歴書」昭和31年)

 実際、江戸川乱歩には休筆期間が何度もある。例えば、昭和7年には執筆に行き詰まり、約1年半にわたり休筆、上諏訪、箱根などの温泉地を放浪。以降も休筆でエネルギーを蓄え、執筆を再開する繰り返しだった。

 そんな乱歩が定宿にしていたのが修善寺の老舗、仲田屋旅館。桂川沿いの木造3階建て、「桜(205号室)」がお気に入りだった。木の温もりがある大正モダンな旅館として、多くの文化人が利用したが、経営が悪化。平成16年に新たな経営者のもとで、「花小道」として再出発した。

 昭和11年からスタートした“少年もの”シリーズ第1作『怪人二十面相』でも、乱歩は修善寺を舞台にしている。乱歩が愛した部屋は、床がフローリングに変わったが、昔と同じレトロな雰囲気は保たれ、乱歩を癒やしたに違いない、桂川の流れる音や湯も昔のままだ。

(文/本誌・鈴木裕也)

■湯の宿 花小道(ゆのやど はなこみち)
静岡県伊豆市修善寺3465‐1

週刊朝日  2018年7月27日号

中 相作

Naka Shosaku

Author:Naka Shosaku
メールはこちらへどうぞ。
E-MAIL
公開しました。
ポー、乱歩、温、啓助を語る
発売中です。
ポー奇譚集(完売)
乱歩謎解きクロニクル
乱歩謎解きクロニクルKindle版
乱歩謎解きクロニクルKinoppy版
江戸川乱歩電子全集無料版
江戸川乱歩電子全集16
屋根裏の散歩者
子不語の夢

検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR